【ノルウェージャンゲッタウェイ乗船記】超大型カジュアル船の乗船記をブログにまとめました

乗船記

ノルウェージャンゲッタウェイの基本情報は?


ノルウェージャンゲッタウェイの基本情報は以下の通りです。

会社:ノルウェージャン・クルーズライン
船籍:バハマ
建造:2014年
乗客定員:3,963人
乗組員数:1,646人
総トン数:145,655トン
巡航速度:不明
全長:326m
全幅:52m
階数:18階

ノルウェージャンゲッタウェイは、アメリカのマイアミに本社を置くノルウェージャン・クルーズラインの所有する客船。

ノルウェージャンという名前ですが、ノルウェーは関係ありません。
2021年秋には、ノルウェージャンクルーズの中でも小型のノルウェージャンサンが日本発着クルーズを予定しています。


ノルウェージャンクルーズの特徴は「フリーアットシー」。
服装や食事の時間を一切制約しない自由なスタイルが特徴です。

アメリカらしさ全開、自由度の高いカジュアルクルーズ客船。
子どもから大人まで楽しめます。

ノルウェージャンゲッタウェイの客室ってどんな感じ?


客室内はまだ設備が新しくて、とてもきれいでした。

ノルウェージャンゲッタウェイは2014年建造の比較的新しい船。
私が乗船した時は、就航間もないタイミングだったので船内設備がほぼ最新でした。

ちなみに、ノルウェージャンゲッタウェイは2019年にも改装を行っているとのこと。
けっこう頻繁に改装してるんですね。

内側客室に宿泊しましたが、窮屈感は全然なく、むしろ快適。
ムダのないすっきりとした部屋でした。
部屋の広さは12㎡とのことですが、もっと広く感じるかも。


若干気になったのは壁の薄さ。
船が大きくエンジン音が響かない分、隣室の音が漏れ聞こえる時があります。
といっても、会話の内容まで分かるといったことはないのでご安心を。
水を流す音などが聞こえてくる程度です。

ちなみに、ノルウェージャンゲッタウェイの客室情報は以下の通り。
客室のタイプがあまりにも多いので、主要な部屋に絞って紹介します。

バスタブは「ザ・ヘブン」と呼ばれるスイートよりさらに上のクラスの客室にしかありません。
スイート客室でもバスタブがないのはちょっと厳しいですね。

部屋のタイプ 広さ(㎡) バルコニーの広さ(㎡)
船尾側クラブバルコニースイート 47~54 19~26
ファミリー向けクラブバルコニースイート 22 2
クラブバルコニースイート 21~28 2~9
船尾側バルコニー 19~51 2~23
ファミリーバルコニー 18~19 2
バルコニー 18~34 2~12
オーシャンビュー(角窓付き) 14~23
インサイド 11~18
ストゥーディオ 9

ストゥーディオは単身者用の部屋。
通常、クルーズ船は1部屋2人以上で料金が設定されています。
1部屋を1人で利用する場合、2人分の料金を支払わなくてはいけません。

ノルウェージャンゲッタウェイのストゥーディオは追加料金不要で利用できる単身者用の部屋。
プライベートストゥーディオラウンジも利用できるそうです。


水回りも新しくて快適。
洗面所も広くて窮屈さや不便さはありませんでした。
シャワーもお湯がすぐに出て、水の勢いも充分。


どの船にも共通していることですが、アメニティは必要最低限しか用意されていません。
シャンプーは備え付けられていますが、髪がキシキシすることも……。
日本から使い慣れたシャンプーを持って行くのがおすすめです。

ノルウェージャンゲッタウェイの船内施設は?


めちゃめちゃ充実しています。
私は6泊7日のカリブ海クルーズに参加したのですが、6泊程度では全て網羅できません。
おそらく6泊のクルーズ期間中、船から一度も下船しなくても退屈することはないです。


プールは乗船直後から大盛況。
ウォータースライダーが5種類。
プール2つに、ジャグジーが4つ。
子ども用プールもあります。


ウォータースライダーの2つは、ドロップスライド型と呼ばれるもの。
底がスポッと抜けて、ほぼ垂直に落下する仕組みです。
降下速度は4Gにも達するのだとか。
実際に挑戦しましたが、めちゃめちゃ楽しい。
乗船中、ほぼ毎日堪能しました。


オープンデッキにはアスレチックもあります。
アスレチックの一部は海にせり出していてスリル満点。
高所恐怖症の人にはおすすめしません。


ロッククライミングにも初挑戦してみました。
見た目以上に難しく。早々に脱落。
無事にてっぺんに到達して鐘を鳴らすと、ギャラリーから拍手が起こります。


船内にはボーリングレーンもあります。
ボーリングは有料だった気がします。


ジムは乗船直後から満員状態。
がっつりパーソナルトレーナーについて鍛えてる人もいます。
結局、ジムはクルーズ中一度も利用できませんでした。


ジムがいっぱいだったので参加したのがヨガ教室。
船内アクティビティもとても充実してます。


スパとヘアサロンは他の施設に比べると空いてた印象です。
他のクルーズ船と違って、フォーマルデーがないからかもしれません。


他にも様々な施設があって紹介しきれません。
アウトドア派からインドア派まで、それぞれの楽しみ方ができる船だと思いました。

ノルウェージャンゲッタウェイの食事の味は?実際に食べた感想は?


量が多い。
野菜が少ない。
揚げ物が多い。
と、基本的に料理はヘルシーではありません。
(アメリカって感じですね)


「体に悪いものほど美味しい」の法則通り、料理はおいしかったです。


お気に入りだったのがクラブケーキ。
クリームのないカニコロッケのような味。
すごく美味しかったです。


大人気のステーキ。
周りの人たちがこぞって注文していたので、つられて注文しました。
大きさは確か1ポンド(約450g)だったと思います。
圧倒的なボリューム。


ステーキの付け合わせも大迫力。
じゃがいも1個、ブロッコリー1株、とうもろこし1/3本。
お肉の分厚さも分かってもらえると思います。
サラダ、スープもろもろの後に食べるには、強烈なボリュームです。
でも、ちゃんと完食しましたよ。


少なくとも、ノルウェージャンゲッタウェイでは、

料理の量が少ない

と不満を感じることはまずないと思います。

そして貴重な野菜、シーザーサラダ。
シーザーサラダが美味しくて毎日食べていました。


ケーキは砂糖がジャリッと感じられるほど甘いです。


朝食で食べたフレンチトーストとオムライス。
もっちりとしたフレンチトーストがとても美味しかったです。


続いてダイニングの朝食。
エッグベネディクトです。
めちゃめちゃ美味しい!
でも2個は多かった。


ヨーグルトを注文したらパフェが来ました。


有料の中華レストラン。
シートチャージ30USDで注文し放題だったと思います。


スイートチリソースで食べる春巻き。


スイートチリソースで食べるぎょうざ。
皮はもちもちを通り越して固かったです。
作り置き感が否めません。


海鮮焼きそば。
アメリカ向けにアレンジした中華料理といった感じ。

1皿の量は少なめ。
少しずつたくさん注文して食べるスタイルのようです。


イリュージョンを見ながらコースディナーが食べられるレストランもありました。
イリュージョンもさることながら、料理もとてもおいしい。

ダイニングレストランのボリュームに慣れていると

あれ?もう終わりなの?

といったお上品な量です。


利用はしていませんが、お寿司や鉄板焼き、ステーキハウスなどの有料レストランがあります。
ボリューム満点の料理に飽きたら、お寿司も良さそうです。
有料とは言え、選択肢が多いのは嬉しいですね。

ノルウェージャンゲッタウェイのドリンクパッケージは?


ドリンクパッケージは割高です。
私はお酒は飲まないので、ドリンクパッケージには申し込みませんでした。


ブッフェレストランにファミレスのドリンクバーのようなマシンが置いてあります。
ジュースの種類も豊富で、オレンジジュースやグレープジュース、クランベリージュースまで!

これ、無料で飲んでいいの?

と驚きました。
コーヒーやティーバッグのお茶の種類も豊富です。
お酒を飲まないなら、無料のドリンクだけでも充分。


ちなみに、ノルウェージャンのドリンクパッケージは以下の通り。

ドリンクパッケージ 価格 内容
プレミアムビバレッジパッケージ 99.00USD 15USDまでのソフトドリンク、ビール、スピリッツ、カクテル、グラスワインなど
プレミアムプラスビバレッジパッケージ 128.00USD プレミアムビバレッジパッケージプラス指定ボトルワイン、ミネラルウォーター、スパークリングウォーター、エナジードリンク、スペシャリティコーヒーなど
コルク&キャップ ワイン&ビールパッケージ 65.00USD 15USDまでのドラフトビール、瓶ビール、グラスワイン、ならびに飲み放題の炭酸飲料、ジュース
大人&ティーン ソーダプログラム 7.95USD ペプシ、ダイエットペプシ、シエラミスト、マウンテンデュー、ジンジャーエール、トニックウォーター、クラブソーダ
お子様向けソーダプログラム 5.95USD ペプシ、ダイエットペプシ、シエラミスト、マウンテンデュー、ジンジャーエール、トニックウォーター、クラブソーダ

お酒を飲む場合、一番安いコルク&キャップ ワイン&ビールパッケージでも1日7,000円前後。
さらに20%のサービスチャージがかかってくるので、けっこう高いですよね。
1日6杯以上注文して、ようやく元が取れるぐらいでしょうか。

また、ノルウェージャンクルーズのドリンクパッケージは、クルーズ単位、ステートルーム単位での申し込み。


クルーズ期間が1週間であれば、65.00USD×7日=455USD。
さらに、4人で参加している場合は、455USD×4人分=1,820USDになります。
日本円だとざっくり20万円前後。

クルーズ代金1人分に匹敵する金額がドリンク代にかかると考えると、ちょっともったいないですね。

みんなでお酒を飲みまくるぞ!

といったグループじゃないと、元を取るのは難しそう。

ノルウェージャンゲッタウェイのドレスコードや服装は?


ノルウェージャンクルーズはドレスコードが設定されていません。
自由な服装でOKです。
私が乗船したカリブ海クルーズでは、

・Tシャツ
・短パン
・ビーチサンダル

といった服装が当たり前。

ただし、注意したいのはダイニングレストラン。
ドレスコードがない、といってもレストランにそぐわない服装はNG。
短パン、ビーチサンダル、タンクトップの人は入口で断られていました。
Tシャツぐらいなら全然OK。


女性ならワンピース、男性ならポロシャツにチノパンを用意しておけば困ることはなさそうです。

ノルウェージャンゲッタウェイのエンターテインメントは?


ものすごく充実しています。

コレがタダで見られるの?

というくらい本格的。
私が乗船した時には、「バーン・ザ・フロア」を上演していました。

他にも、ミュージカルなど圧巻のショーを毎晩見られます。
バーン・ザ・フロアはあまりの素晴らしさに、クルーズ中2回も見に行きました。


カジノの他にも、スタンダップコメディ専用の劇場やジャズバーなどもあります。
これでもか!ってくらい見どころだらけです。


有料でしたが、ものすごくおもしろかったのがイリュージョン。
食事をいただきながら、様々なマジックを見ることができます。


定番の人体切断マジックから、考えていることをズバリ当ててしまうメンタルマジックまで。
お金を払ってでも見る価値があると思いました。

ノルウェージャンゲッタウェイのツアーやエクスカーションは?


クルーズ中2回、ツアーを利用しました。

どちらのツアーも必要最低限の内容。
日本のツアーとは全然違います。

1回目はケイマン島でタートルファームへ行くツアー。
港からバスでタートルファームへ行き、園内で簡単な説明を聞きます。
1時間ぐらい説明を聞いた後は、自由時間。

○時までにバスに戻ってきてね

という簡単なものでした。

2回目はメキシコのトゥルム遺跡を訪れるツアー。
港からトゥルム遺跡までが遠かったので申し込みました。


このツアーもタートルファームツアー同様、1時間ほど説明を聞いたら、後は自由。
お昼をまたぐツアーでしたが、食事も自由でした。


食事からお土産物屋さんまできっちり組み込まれた日本のツアーとはだいぶ異なります。
日本のツアーに慣れていると

不親切だな……

と感じてしまう人もいるかもしれません。


自分の見たいものがじっくり見られるので、私はすごく良いと思いました。

ノルウェージャンゲッタウェイは揺れる?


全く揺れません。

船の中にいることを忘れてしまうくらいです。


クルーズ中、一度だけ天候が崩れた日がありました。
窓の外を見ると、横殴りの大雨。
波もかなり高く荒れていました。
それでも、窓の外を見なければ雨が降ってることにも気付かないほど。
船酔いする心配はまずないと思います。


カリブ海クルーズで唯一船酔いに悩まされたのは、トゥルム遺跡ツアーに参加する時。
コズメルから対岸のプラヤ・デル・カルメンに高速船で渡った時です。
波が高くて、絶えずふわんふわん揺れている感じ。
船内にいた大半の人が、げっそりとしていました。


ノルウェージャンゲッタウェイ自体は全く揺れない船と言っても良いと思います。


一方で、日本発着クルーズを予定しているノルウェージャンサンは比較的小型のクルーズ船。
コスタネオロマンチカと同じくらいの大きさではないでしょうか。

台風シーズンなどと重なると激しく揺れる可能性もありそうです。

ノルウェージャンゲッタウェイの料金はいくら?


私が参加したカリブ海クルーズは超激安でした。

往復の飛行機代を含めても1人20万円もかかってません。

カリブ海はクルーズの激戦区なので、リーズナブルにクルーズを楽しめます。

マイアミから乗船したお客さんには

直前にバルコニー客室が1泊50USDまで下がったので乗船した

とおっしゃていた人も。

内側客室の私より安い値段で乗ってるやん……

ってちょっと切なくなりました。


ノルウェージャンクルーズにメール登録すると、割引のお知らせが頻繁に届きます。

・クルーズ代金割引
・2人目50%OFF
・子ども無料

など、けっこうお得な内容です。

「お得なキャンペーン終了まで、残り○日です!」みたいなメールがほぼ毎日届きます。
で、期限が過ぎたら、ほぼ同じ内容のキャンペーンがまた始まる……といった感じ。

多分、どのタイミングで申し込んでも何らかの割引を利用できると思います。

ノルウェージャンクルーズの2021年のスケジュールは?


2021年秋にノルウェージャンサンが日本発着クルーズを予定しています。

ノルウェージャン・サン東京発横浜着クルーズ

出発日 日数 寄港地 価格
11月9日 11日間 清水・名古屋・大阪・別府・釜山(韓国)・長崎・鹿児島 99,000円~

ノルウェージャンクルーズはとにかく自由度の高い船。

 

クルーズっていろいろ面倒臭そう

堅苦しい雰囲気は苦手なんだよね

といった人も、楽しめること間違いありません。
個人的にはかなりおすすめのクルーズ船です。

タイトルとURLをコピーしました