スポンサーリンク

ふるさと納税でクルーズに乗れる!普通に買うよりお得でおすすめ

基本情報

「クルーズ」という響きには豪華さや憧れというものを感じませんか?
私もその一人です。
しかし、憧れはあるものの、クルーズは少し敷居が高いしお金もかかるイメージが付きまとう……。
飛行機、電車、バス、自家用車とは違ってなかなかメジャーではないのがクルーズです。
使ってみたい、楽しみたい気持ちはやまやまなのですが、ハードルがね、ちょっと高いかなぁと感じてしまう。
ですが、実はお得意クルーズに乗れる手段があることを発見してしまったんです。
私と同じくクルーズとは縁がないと思っていた方必見!「ふるさと納税」という手段を使ってお得にクルーズに乗ってみませんか?

『ふるさと納税』で実質2千円でクルーズに乗れるって知ってた?

  • 返礼品に「クルーズ旅行」有り。SPU、お買い物マラソンなども対応で高還元率なら → 楽天ふるさと納税

ふるさと納税は住民税の付け替えにより返礼品が貰える仕組みです♪
実質2千円で肉や魚から家電、宿泊券なども貰えます!

普通に買うとクルーズに乗るのはかなり高い

最近では、クルーズも安くなったと言われていますが、それでもけっこうなお値段してしまうのが、クルーズ。
豪華客船と名のつくツアーなどでは、1泊5万ほどします。
クルーズといっても数日間船で過ごすため、総額が10万円以上はザラ。
ワンナイトクルーズでも4万円台が多い。
もちろん、割引等使えば多少は安くなりますが、それでも気軽に行ける感じはあまりないと感じてしまうのが、クルーズ旅行の難点ですよね。
クルーズ旅行は支払った金額に、宿泊費や交通費、食事代等全て含まれているのでお得!とも言われていますが、やはりちょっと躊躇してしまう。
これがもう普通電車に乗るくらいのお手軽さで楽しめないかなと思った時に、「ふるさと納税」という手段を発見したのです。

ふるさと納税とは

そもそもふるさと納税とは何ぞや?という方は結構いませんか?
お得に返礼品がもらえる!ということばかりが先行して実は仕組みがよくわかっていない。
総務省のHPに詳しく書かれているので、まずここをチェックしてみてください↓
https://www.soumu.go.jp/main_sosiki/jichi_zeisei/czaisei/czaisei_seido/furusato/about/

簡単に言うと、都道府県や市町村への寄付というのがふるさと納税。
寄付をされると、都道府県や市町村は嬉しい!
そこで返礼を送ってくれるということ。
さらに、「納税」という名前が付いていることからも推測できますが、寄付した側には、税金関係でもお得になる。
一般的に寄附金額の一部が確定申告の際に、所得税及び住民税から控除されるのです。
自己負担額は2000円かかりますが、それを超えた部分の住民税控除、所得税の還付が受けられたうえで、寄付額の30%以内の返礼品がもらえちゃう制度というものです。
自分の年収や家族構成によって控除額に違いがでるので、シミュレーションサイトで一度確認をしていただければそこまで難しい制度ではないのが、この「ふるさと納税」の仕組み なのです。

ふるさと納税でもらえるクルーズの返礼品

ざっと、説明しましたが、ここからが本題!
ふるさと納税でもらえるクルーズについて説明していきましょう。
お得!とはいいましたが、もちろんデメリットもあるので、良い面も悪い面も両方説明していきたいと思います。

ふるさと納税でクルーズに乗るメリット

まずは、メリットについて!
私が思うふるさと納税でのメリットは以下のとおり
1.2000円でクルーズに乗れる
2.旅行の選択肢が増える
3.現金化も可能
ということ。
では、その内容について細かく掘り下げてみます。

自己負担2000円でクルーズに乗ることができる

最大のメリットと言っても過言ではないのが、こちら。
ふるさと納税は、本来住民税として住んでいる自治体に払っていたお金を別の自治体に払うだけで返礼品がもらえるというもの。
その際にかかる金額は、2000円だけ。
言い換えれば自己負担2000円で返礼品がもらえちゃうということ。
返礼品は、各自治体魅力的なものばかり出されています。
(気になる方は、返礼品をまとめたサイトもあるのでそちらをチェックしてください)
その中の一つが、クルーズ。
先ほど説明したふるさと納税の仕組みを使って、返礼品としてクルーズを選択すると、実質2000円でクルーズに乗れてしまうというから驚きですよね。
しかも、この2000円は年間での負担だからさらに驚く。
どんな格安サイトよりもお得なのは間違いないです。
2000円でクルーズに乗れる日が来るなんて現実離れしすぎですよね。

自分のお金では乗らないようなクルーズに乗れる

自分で旅行をするとなると、プランや手段って自分で選択するので、限られてしまいます。
しかし、返礼品としてクルーズを出している自治体は限られているので、自分では選ばないような場所に行くことができます。
これが嫌という方にはデメリットになってしまうかもしれませんが、私はメリットと感じたので、メリットとして紹介させてください。
もちろん、自分でプランをたてていく旅行も大好きです。
ですが、マンネリとまではいかないですが、どうしても行く場所や手段って限られますよね。
ふるさと納税では、行先等限られているために、自分では選ばない方法も撮ることができちゃうんですよ。
旅先にちょっとした冒険感があって楽しくないですか?

最悪金券ショップに売って現金化することや家族や知人にあげても良い

ふるさと納税は行先が限られるといいましたが、日程も限られていることがあります。
せっかく納税したのに、行けない!!ということが、起こらないこともない。
もちろん、自分でクルーズに行くことが大前提ですが、こうなった場合、金券ショップで現金化することができる場合があります。
食べ物等の返礼品だとこういった手段ちょっと難しいですよね。
現金化できるのは、チケット等で返礼をもらえる良さであります。
ですが、納税者本人以外有効ではない等の条件がある返礼品もあるので、そういった場合は現金化難しくなってしまうので、どんな条件があるのかきちんとチェックしてご自身に合った返礼品を選択してください。

ふるさと納税でクルーズに乗るデメリット

メリットも紹介しましたが、同じ数だけデメリットも紹介してみます。
「2000円でクルーズに乗れればメリットしかない!」という方はこの項目飛ばしていただいて大丈夫です。
どんなものでもデメリットがあるのですが、基本2000円でクルーズと考えれば私は大したデメリットではないかなぁとすら感じてしまいます。

乗れるクルーズが固定される

ふるさと納税の基本的な仕組みは、自分が選んだ自治体に納税し、その返礼が受け取れるということ。
返礼が受け取れるのは、納税した自治体なわけです。
ということは、クルーズでの行先が固定されてしまうということ。
好きな場所にどこでも行けるというわけではないのです。
クルーズで返礼品を出品している自治体が基本的に行先になってしまいます。
自分が行きたい場所が返礼品としてクルーズを出していればこちらはデメリットにはなりませんし、クルーズに乗ることが目的であったり、プランを自分で決めなくていいという方ももちろんデメリットにはなりません。
が、もし、行きたい場所がはっきりしているのであれば、この手段を選ぶのはあまり得策とは言えなくなってしまいます。

ふるさと納税で乗れるのはほとんどがデイクルーズ

クルーズといっても種類は本当に多数。
何日もかけて世界一周するものから、数時間のクルーズまで。
返礼品として受け取れるのは、基本的に、デイクルーズと呼ばれる宿泊がない1日のクルーズのみが多数です。
行先が返礼品を出品している自治体なので、自ずとこの縛りが出てきてしまうのも納得。
なので、クルーズで海外に行きたいという方や、何日もかけてクルーズ旅行を楽しみたいという方には、このふるさと納税でもらえるクルーズという手段はあまり向かないかもしれません。
ですが、自治体が返礼品として出しているものは、その自治体がおすすめしている、推したいものであることは間違いない。
ということは、自治体がクルーズを出しているということは、そのクルーズがとても魅力的であるという太鼓判が押されているようなもの。
それをデイクルーズで楽しめるのであれば、考え方によってはむしろプラス要因にすらとることができるように思えます。

年収によってはふるさと納税でクルーズの返礼品をもらえない場合がある

こちらは、一番大事なこと!
デメリット中のデメリットです。
ふるさと納税は、年収により住民税が決まります。
そして、本来住んでいる自治体に納める住民税を他の自治体に付け替えることにより返礼品がもらえるという仕組みとなっています。
ですので、その返礼品を得るためのふるさと納税額未満の住民税の人はその返礼品をもらっても得にならないのです。
この点はすごく注意してください!
むしろお得ではなく、一気に損してしまうこともあるので。
きちんとチェックサイト等でご自身の状況を確認してからふるさと納税を申し込んでくださいね。
また、クルーズ返礼品の納税額未満の方は、こちらの手段を使わない方がお得となるので、注意してください!!!

ふるさと納税で乗れるクルーズの種類

仕組み等について説明しましたが、「じゃあ、どんな種類があるの?」となりますよね。
次からは一部ではありますが、ふるさと納税で返礼品となっているクルーズの種類を紹介してみます。
返礼品として行先が限られるといっても北海道から沖縄まで多方面にわたって行先が選べるので、お好みの場所を選びやすいのではないでしょうか。
また、クルーズといっても時間や船の種類などもたくさんあるので、ご希望に合わせて探してみてください。

クルーズのみの返礼品

基本デイクルーズですが、その種類も多数。
クルーズにご飯や体験といったような+αがついているものもあります。
ただ、期限が決まっているものもありますので、その点は注意が必要です。
場所や目的、さらには日程等に合わせてお気に入りのものを探してみてください。
楽天ふるさと納税でクルーズ返礼品を見る。

・沖縄県宮古島市→沖縄・宮古島 ディナー&サンセットクルーズ
・神奈川県三浦市→【リビエラシーボニアマリーナ】サンセットクルーズプラン
・北海道小樽市→<小樽運河クルーズ>デイクルーズ 乗船引換券
・北海道室蘭市→室蘭夜景 ナイトクルーズチケット
・兵庫県神戸市→フランス料理付きコンチェルトクルージングチケット
・石川県珠洲市→体験・クルーズ券
・岡山県玉野市→【天然温泉入浴付き】貸切ヨットクルーズ
・三重県鳥羽市→伊勢湾フェリー貸切クルーズ
・和歌山県串本町→わくわくクルーズ 3~4名
・長崎県佐世保市→SASEBO軍港クルーズ
・大分県別府市→別府湾漁船クルーズ_
・沖縄県大宜味村→帆かけサバニ帆漕クルーズツアー
・宮城県気仙沼市→気仙沼ベイクルーズ 遊覧船ペア乗船券
・長崎県松浦市→貸し切り遊覧船つばき号 弘法大師が筆をおとす美しさ「いろは島」デイクルーズ
・愛媛県伊方町→佐田岬 漁師・漁船体験クルーズ 1艘貸切コース
・神奈川県逗子市→至極の一日 クルージング クラシックサロンコンサート アフターコンサートスペシャルディナー
・山形県(県庁)→最上川舟下り 貸切船 乗船チケット
・北海道洞爺湖町→洞爺湖遊覧乗船券ペアチケット
・沖縄県与那原町→与那原マリーナ沖縄ラグーンヨットチャーターDAYチャータープラン(約6~7時間)
・北海道斜里町→〈知床クルーザー観光船ドルフィン〉海から眺める世界自然遺産の絶景!

クルーズと宿泊券のセットの返礼品

クルーズだけではなく、宿泊もセットの返礼品もあります。
こちらも是非チェックしてみてください。
楽天ふるさと納税でクルーズ&宿泊券返礼品を見る。

・北海道羅臼町→ゴジラ岩観光クルーズ乗船券&ペンションラウスクル宿泊券セット
・北海道羅臼町→㈱まるみクルーズ乗船券&羅臼の宿まるみ宿泊券セット
・福岡県北九州市→名門大洋フェリー × ホテルクラウンパレス 「 乗船 & 宿泊 セット 」
・広島県尾道市→尾道のリゾートホテルに泊まる!過ごし方が選べる尾道体験ツアー
・広島県尾道市→guntû(ガンツウ)ご利用券 300,000円分

まとめ

ふるさと納税を使ってクルーズを楽しむ方法について紹介してみました。
思っていたよりクルーズのハードルが下がった気がしませんか?
2000円でクルーズに乗れるのであれば、少し乗ってみたいなぁくらいな、簡単な気持ちで乗れるくらいになりませんか。
今まで行ったことない場所や候補地にすら上がっていなかった場所もあると思います。
この制度で一度行ってみたくなってきませんか?
私も行きたい場所が増えました。
普通に買うよりものすごくお得に乗れるクルーズ。
一度は体験してみたくなってきますよね。
ぜひ、ふるさと納税の制度を使って一度クルーズを楽しんでみてください。

『ふるさと納税』で実質2千円でクルーズに乗れるって知ってた?

  • 返礼品に「クルーズ旅行」有り。SPU、お買い物マラソンなども対応で高還元率なら → 楽天ふるさと納税

ふるさと納税は住民税の付け替えにより返礼品が貰える仕組みです♪
実質2千円で肉や魚から家電、宿泊券なども貰えます!
基本情報
nihonkando.jpをフォローする
クルーズ旅行の参考書
タイトルとURLをコピーしました